Sample Image

女性用の育毛剤For Women

脱毛の大きな要因として、しばしば男性ホルモンの過剰分泌が挙げられます。
それ故、脱毛症に悩まされている人口は男女で比較すると圧倒的に男性に多いのです。
これは科学的に実証されている事実で、具体的には下記のメカニズムが挙げられます。

まず、テストステロンという男性ホルモンが体内で分泌されます。
この物質は、さらにジヒドロ・テストステロンという成分を発生させます。
これが髪の毛に大きく関与する細胞(毛母細胞)に影響を与えるのです。
結果的に発毛のシステムに損傷が出てしまいます。
これが抜け毛の原因になるとされているのです。

以上の事実をふまえると、男性に髪の毛のトラブルが多いというのも頷けます。
しかし、近年では意外なことに女性で薄毛に悩まされている人が多いようです。

そんな背景から女性用の育毛剤http://www.baltichmc.com/4.htmlも発売されはじめています。
これなら購入するのも恥ずかしくはないですし、比較的買いやすいでしょう。
ここでは、そんな女性用の育毛アイテムについて解説しています。

どこが違う?

男性用の製品であれば、上記のような男性ホルモンを抑制する作用を期待します。
しかし女性には、その効果はあまり必要ではないと考えられます。
もっと他のところに原因があることが多いからです。

その代表例が頭皮の血行不順です。
毛母細胞に栄養がいきわたらない時にも抜け毛の傾向が強くなると言われています。
そもそも細胞は血液から栄養分を補給しているため、これが十分に巡らないと、
髪の毛がどんどん細く弱くなってしまうのです。

その為、女性用育毛剤の最大の特徴として頭皮の血行促進という効果があります。
これによって毛母細胞に十分な栄養をおくりこみます。
最終的には強くて健康な抜けにくい髪の毛が生えるのです。
もちろん、女性用だからといって必ずこの効果があるわけではありません。
全ての製品に共通しているわけではありませんが、比較的多い傾向にあるのです。

その他の原因

しかしながら、女性でも男性ホルモンの影響で髪が抜けるときがあります。
近年では生活習慣の乱れや更年期障害、避妊薬(低用量ピルなど)の影響で、
男性ホルモンの分泌が女性でも増えてしまうことがあります。

こういった場合はホルモンバランスが非常に乱れていて、
髪の毛にも上記のようなメカニズムから悪影響を及ぼしてしまうのです。

この場合は、この原因に対応するような育毛剤を選べばOKです。
女性用でも条件を満たしたものは見つかるでしょうし、
もし見つからなければ男性用を使ってしまっても構いません。

これらの知識を活かして、髪の毛を健康にしましょう。
また、こちらのサイトの女性の髪トラブルに育毛剤についての解説も、とても参考になるかと思います。

Copyright(c) 2013 What is hair tonic? All Rights Reserved.