Sample Image

育毛剤の使い方とはHow to use

育毛剤は非常に有用性の高い育毛ツールです。
タイプによって効果や作用の仕方が異なり、様々な働きが期待できます。
例えば、男性ホルモンの分泌を抑えたり、皮脂の過剰な分泌をおさえたり、
頭皮の血行を促進する作用のものも注目を浴びています。
育毛剤の配合されている成分についてはこちらをご覧ください。

しかし、使い方を間違えてしまえば、効果は半減してしまいます。
効き目があらわれないと悩んでいる人は、もしかすると使い方が悪いかもしれません。

そういったことを避けるためにも、ここでは正しい使用方法を解説しています。
十分に理解することが出来れば、自ずと効き目もあらわれてくるでしょう。

どのくらいで効き目があらわれる?

まず、理解しておきたいのは効き目があらわれる時期についてです。
一日や二日くらい使用しても、必ずしも直ぐに効果があらわれるとは限りません。
長い目で待つことが必要になるので、予め頭にいれておきましょう。

効果を実感できるようになるまでに半年から一年程度かかることもあります。
それだけの長い期間にわたって使い続けるとなると、最初は真面目にやっていても、
徐々に使い方が適当になってきてしまうこともあります。

それを踏まえたうえで「毎日、継続する事」をあらためて理解しておきましょう。
継続こそが納得のいく成果を生むのです。

こちらには育毛剤の使用方法や効果などが掲載されていて、大変参考になると思います。

必ず意識したポイント

また、育毛剤を使用するうえで必ず理解しておきたいことがあります。
それが、使用後のマッサージです。

頭皮や髪の毛に塗布するだけで終わってしまうと十分に成分が浸透しません。
振りかけおけばいいというものではないのです。
十分に浸み込ませるためには、マッサージが必要不可欠といえるでしょう。

まず、両手の指を適度に開いて頭にのせます。
その後はシャンプーをするのと同じような感覚で指の腹で頭をもみます。
爪をたてたり、ゴシゴシとこすらないようにしましょう。
頭皮が傷ついてしまって逆効果です。

また、使用するタイミングもしっかりと考えておくようにしましょう。
入浴後などの毛穴が清潔になっているタイミングなどは非常に浸透率が高く有効です。
特に、育毛シャンプーなどを使用した後であれば、毛穴が清潔に保たれているので
有効成分がしっかりと毛母細胞にまで届きます。

また、育毛シャンプーを使用したあとは髪の毛も綺麗な状態になっています。
その分、髪の毛の芯まで成分が届くというわけです。

ただし、髪の毛が濡れてしまっていると効き目も半減してしまいます。
しっかりとタオルドライをしておきましょう。
理想的なのはしっとりとした状態くらいで、乾きすぎていてもNGです。
そのため、ドライヤー前に塗布を行いましょう。

こちらの育毛剤比較サイトにも知っておきたい情報が沢山掲載されています。是非お読みください。
Copyright(c) 2013 What is hair tonic? All Rights Reserved.