Sample Image

育毛剤で得られる効果Effect

近年の日本では生活習慣の悪化の傾向が見受けられます。
慢性的な運動不足に加えて、食生活からの栄養バランスの乱れが問題になっています。
食の欧米化という言葉が一般的になるほど、
野菜が不足し肉中心の栄養バランスにシフトしているのです。

これがメタボリックシンドロームや高血圧などの生活習慣病の原因になっています。
しかし、生活習慣の乱れが引き起こすのは生活習慣病だけではないのです。

意外なことに抜け毛などの髪の毛のトラブルの要因にもなってしまいます。
そして、その背景には「ドロドロ血液」があります。

ドロドロ血液は血中コレステロール値の上昇によって引き起こされます。
血液の粘度があがり、血管の内部を上手に流れることが出来なくなってしまうのです。
結果的に血行が悪い状態になってしまうのです。

なぜ、これが薄毛の原因になってしまうのでしょうか?
それには血液の働きが大きなポイントになります。
血液、特に赤血球の働きは酸素や栄養分の輸送にあるという事は広く知られています。
そして、運ばれた栄養素は血管の通る至る部分の細胞に供給されるのです。
細胞は体を構築している生物の最少単位で、言い換えれば人間は細胞の集合体です。

この細胞は当然のことながら頭皮にも存在しています。
それが【毛母細胞】です。
髪の毛は毛母細胞から生えてくると言っても過言ではないほど大切な存在で、
ここに栄養や酸素が届けられることによって髪の毛が正常に生えてきます。

しかし、血液が十分に巡っていない状況が続くと、当然のことながら毛母細胞も
十分な働きをすることができなくなってしまいます。
結果として脆弱な細い毛が生えてしまうのです。
細い毛だと髪の毛は抜けやすくなります。
これが抜け毛トラブルの大きな要因のひとつだと言われているメカニズムです。

育毛剤の働き

この血行不振に対して効果をあげるのが育毛剤です。
頭皮から直接毛母細胞まで届くため、栄養をしっかりと供給することができます。
活動を中止してしまっている細胞に対しても再活動を促すことが可能です。
頭皮の血行を促進させる働きもあり、ふたつの方向から毛母細胞をサポートします。

また、男性ホルモンの分泌過剰によって髪の毛が抜けるというパターンもあります。
男性の多くは、これによって髪の毛トラブルが引き起こされています。

これに対しても、育毛剤によっては男性ホルモンの過剰分泌をおさえる働きなど、
いくつかの作用を持っている場合があります。

結果的に、育毛を効率的に促進させる結果が生まれます。

Copyright(c) 2013 What is hair tonic? All Rights Reserved.